Lucanid.IZM

日本産クワガタムシ科甲虫を愛して止まない完全採集派ブログ.なのに全然更新しません.

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2017年4月8日 某山塊(山梨県) 

採集法:材割り 天候:晴れ 同行者:tako君


DSCN2255.jpg

tako君と共に山梨県にオオクワガタ採集に行ってきた.一応大歯ペアは割り出せたのだけれども,まぁ色々ありまして.もう標本が出来上がっているのも不自然だと思いませんか?笑

★★★

DSCN2239.jpg

カワラビッシリ材.硬すぎ…ヒメオオ級にしんどい.

DSCN2238.jpg
DSCN2237.jpg

割と大きめ.幼虫はいっぱい出てくる.材の中は太い食痕でビッシリ.

DSCN2234.jpg

これは若齢かな?

DSCN2241.jpg

不明.微妙幼虫.

DSCN2236.jpg

終齢と,蛹内で溺死していた♂の死骸.泣きそうだった.

DSCN2235.jpg

同行のtako君は大歯の完品を出していたが,僕はコレ笑 これぞ格差社会.

IMG_20170408_144631.jpg

雌も蛹室内で死んでいた.なんなんだコレは…

IMG_20170408_232025.jpg

帰宅後,速攻で修復作業に取り掛かる.洗浄,整型,組み立て…執念で直します.

IMG_20170408_235153.jpg

60mmはいってそう.

IMG_20170408_232052.jpg

♀は腹部が菌糸でパンパンに膨れていた為,若干エリトラが開き気味になってしまったものの,許容.

DSCN2245.jpg

人間その気になれば何だったてできることが分かった.これで東日本産の天然オオクワガタ大歯ペア標本がようやく完成した.爪間盤等は一部欠損しているけれど,そんな小さいことはとっくに見逃している.笑
スポンサーサイト

| 採集記 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://wahrheit0pfeil.blog.fc2.com/tb.php/369-35a7af2a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。