Lucanid.IZM

日本産クワガタムシ科甲虫を愛して止まない完全採集派ブログ.なのに全然更新しません.

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016年5月3日 ヤンバル(沖縄県) 

採集法:材割り 天候:雨 同行者:藤川浩明君


IMG_20160503_173001.jpg

採集最終日も土砂降り.オキナワのネキは特に水気に弱いのではないか?というウワサを耳にしてしまい,こんな天気ならもう今年はダメだろうと見切りを付け,ルイスツノヒョウタンクワガタや,マメクワガタの採集に泣く泣く切り替えることにした.

IMG_20160503_173703.jpg

マメクワガタ.天気に関係なく採集できるのがクワガタの良いところ.

IMG_20160503_185841.jpg

広葉樹のある程度水分を含んだ落ち枝であればマメクワは入ってくれるが,中でもこの尖った葉っぱのソウシジュには選好して入っているようだ.半島の北側の海岸近くの林道で沢山採集できる.

IMG_20160503_185845.jpg

成虫と共に幼虫もポロポロ出てくる.幼虫は埋め戻してきた.

IMG_20160503_235416.jpg

藤川君を家に送り届けた際に彼の部屋にお邪魔したが,まぁその,うん…色々と絶句した.

IMG_20160504_103614_20170329185641370.jpg

翌朝,那覇空港のA&Wでバーガーを注文.ジャンクフード最高.

IMG_20160504_123947.jpg

観光もしなければ採集もろくにせず,ただただGWで航空券もレンタカーも価格高騰していただけのオキナワツアーはついに幕を閉じた.オキマル流しで良い成果を挙げられなかった時よりもずっと,「オキナワイヤイヤ病(別名オキナワハヤクカエリタイ病)」の症状は重くなっていた.無念!
スポンサーサイト

| 採集記 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://wahrheit0pfeil.blog.fc2.com/tb.php/340-d2bc51dc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。