FC2ブログ

Lucanid.IZM

日本産クワガタムシ科甲虫を愛して止まない完全採集派ブログ.なのに全然更新しません.

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

オオクワガタ

オオクワガタ
Dorcus hopei (Saunders,1854)

分布:北海道,本州,四国,九州,対馬.
体長:♂21.0~79.0mm,♀22.0~48.0mm
オススメ採集時期:樹液 6月・9月,灯火 8月,材割 オールシーズン.

オオクワガタ
(山梨県産WF2,飼育個体,77mm)




DSC_0145_R_20160214234554d11.jpg
オオクワガタを育む東北の広大なブナ林.(2011年,山形県)

IMG_20160209_130853.jpg
夏季,灯火に誘因されたオオクワガタの♀.(2013年7月上旬,山形県)

IMG_20160206_104854.jpg
山奥にて発見した立派なエノキの立ち枯れ.カワラタケやヒラタケの繁栄した材はまさしく天然の巨大菌糸ビンである.オオクワガタが多数得られた.(2016年2月上旬,西日本某山塊)

IMG_20160206_083031.jpg
大型の♂のオオクワガタ終齢幼虫の食痕と巨大な蛹室入口.(2016年2月上旬,西日本某山塊)

IMG_20160206_082555.jpg
蛹室から頭を出すオオクワガタの♂の大歯型.(2016年2月上旬,西日本某山塊)

IMG_20160206_082614.jpg
無事に材の中から採り出すことのできたオオクワガタの♂の大歯型.(2016年2月上旬,西日本某山塊)

IMG_20160206_113022.jpg
オオクワガタ採集は困難を極めるが,運が良い日は一度に多くの個体を確認することも可能である.この日はなんと,75mmに迫る超特大個体を割り出すことができた.このようなサイズを採集できる確率は極めて稀であり,私の残りの人生の中でこれ以上のオオクワガタを得ることは不可能かもしれない.(2016年2月上旬,西日本某山塊)
スポンサーサイト

| MY KUWA CATALOG | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://wahrheit0pfeil.blog.fc2.com/tb.php/282-4aa01803

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。