Lucanid.IZM

日本産クワガタムシ科甲虫を愛して止まない完全採集派ブログ.クワガタ以外にもレアな甲虫なら何でも採りたい.

>> EDIT

HOME

IMG_20160206_082614_20161225154948425.jpg
2017年版TOP画 【超特大天然オオクワガタ 75.5mm (西日本某山塊,2月初旬採集)】

初めまして,MAYAと申します.この度は閲覧ありがとうございます.

★2016年の採集の様子をスライドショー形式で簡単にまとめてYouTubeにUPしました★


日本のクワガタムシは魅力的ですよね.学生時代研究サンプルという意味も兼ねて全国を飛び回り,14年の暮れ頃に赴いた九州遠征を以て,なんとか全種の採集を達成することができました.感無量でした.
もちろん今後もクワガタ採集に力を入れていくつもりですが,今はマイマイカブリネキダリスにもややハマり気味だったりして…^^;

東京転勤につき,3/18を以て大阪から完全撤退致しました.お世話になった関西虫屋の皆様,ありがとうございました.採集やイベント等,またお誘い下さい^^

関東圏の皆様,どうぞよろしくお願い致します!

街中フィールドでお会いしましたら,よろしくお願い致します
 
スマホの方:PC表示に切り替えていただくことをお薦めいたします.
スポンサーサイト

| HOME | 09:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2017年4月8日 某山塊(山梨県) 

採集法:材割り 天候:晴れ 同行者:tako君


DSCN2255.jpg

tako君と共に山梨県にオオクワガタ採集に行ってきた.一応大歯ペアは割り出せたのだけれども,まぁ色々ありまして.もう標本が出来上がっているのも不自然だと思いませんか?笑

★★★

DSCN2239.jpg

カワラビッシリ材.硬すぎ…ヒメオオ級にしんどい.

DSCN2238.jpg
DSCN2237.jpg

割と大きめ.幼虫はいっぱい出てくる.材の中は太い食痕でビッシリ.

DSCN2234.jpg

これは若齢かな?

DSCN2241.jpg

不明.微妙幼虫.

DSCN2236.jpg

終齢と,蛹内で溺死していた♂の死骸.泣きそうだった.

DSCN2235.jpg

同行のtako君は大歯の完品を出していたが,僕はコレ笑 これぞ格差社会.

IMG_20170408_144631.jpg

雌も蛹室内で死んでいた.なんなんだコレは…

IMG_20170408_232025.jpg

帰宅後,速攻で修復作業に取り掛かる.洗浄,整型,組み立て…執念で直します.

IMG_20170408_235153.jpg

60mmはいってそう.

IMG_20170408_232052.jpg

♀は腹部が菌糸でパンパンに膨れていた為,若干エリトラが開き気味になってしまったものの,許容.

DSCN2245.jpg

人間その気になれば何だったてできることが分かった.これで東日本産の天然オオクワガタ大歯ペア標本がようやく完成した.爪間盤等は一部欠損しているけれど,そんな小さいことはとっくに見逃している.笑

| 採集記 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2017年4月6日 富士山(静岡県) 

採集法:材割り 天候:濃霧 同行者:なし


DSCN2223.jpg

諸事情の為,採集に出掛けることができず二か月間のブランクが生じてしまった.濃霧の中,富士山へと足を運んだ.

DSCN2225.jpg

勿論,雪なんか溶けているハズが無いのである.

DSCN2226.jpg

標高を下げ,積雪の無いポイントへ突入することに.

DSCN2229.jpg

赤枯れ材にオノを入れると…

DSCN2230.jpg

ミヤマツヤハダクワガタの♂新成虫の登場.ザックザクと出てくる.

DSCN2228.jpg

ミヤマクワガタがミヤマツヤハダクワガタの材の中に同居していた.

DSCN2231.jpg

落ち枝をポキッとやれば現れるトウカイコルリクワガタ.

DSCN2232.jpg

アカアシクワガタやヒメオオクワガタとも遊んだ.

| 採集記 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2016年7月24日 TDL(千葉県)

採集法:ルッキング 天候:晴れ 同行者:彼女(パンピ)


DSCN1289.jpg

東京ディズニーリゾートの昆虫相調査二日目は…ディズニーランド.開園直後にアストロブラスターのファストパスを取り,そのままスペースマウンテンに搭乗.その後は少し空き時間ができたのでファンタジーランド方面へ.ファンタジーランドと言えば,不思議の国のアリスやホーンテッドマンション,プーさんのハニーハント等が並ぶ大人気エリアであるが,実はアドベンチャーランドよりも遥かに昆虫が採集しやすい植物満載エリアなのである.ランドでの採集は何度か経験がある為,甲虫が確実に採れるポイントは頭に入っていた.

シロテンハナムグリ一頭目はイッツァスモールワールド横の植栽からゲット!
…こんなポイント情報をブログで公開したらMッキー・Mウス氏に〆られてしまいそうだが笑

IMG_20160724_095131.jpg

アリスのレストラン前の花壇には次から次へとシロテンハナムグリが訪花してくる.この日は素晴らしい…コアオハナムグリ等も来た.このピーカン照り最高である!もはや彼女が半ギレ状態であることなど,忘れてしまっていた.

IMG_20160724_100523.jpg
IMG_20160724_100516.jpg

ファンタジーランドは無敵!偉大!!手の届く場所にクマゼミがいるので沢山採集できる.

IMG_20160724_144001.jpg

お次は浦安市唯一の離島,トムソーヤー島へ!

IMG_20160724_144050.jpg
IMG_20160724_144119.jpg

彼女から15分だけ時間を貰い,速攻でイカダに乗り込み短期決戦に出る.トムソーヤー島での過去の戦績はヤマトシジミやイチモンジセセリ,クマバチ,マルハナバチ等甲虫以外の昆虫ばかりだったので,今回は頑張るしかない.島内の植栽という植栽に目を向け,パンフレットをビーティングネット代わりにして葉をポンポンと揺すってゆく.

IMG_20160724_152200.jpg

見応えがする大型甲虫はアオドウガネぐらいであったが,他にもゾウムシ類やハムシ類,ハネカクシ類等も数種採集することができた.船着き場のトイレで採集品のパッキングを行った後,意気揚々とイカダに乗り込みディズニー本土へと出航するのであった.

| 採集記 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2015年8月8日 某所(大阪府)

採集法:樹液 天候:晴れ 同行者:なし


IMG_20150627_233230_201704030909227a4.jpg

蒸し蒸しと暑い夜だったので阪急電車に乗り込みネブトクワガタの爆発しているポイントへ直行した.この日は幸先よく31mmクラスを抜いた後,11mmを下回るオチビ個体も得られた.横に並べるとオチビ個体の小ささが良く分かる.別種だけどオキナワネブトなんかはもう少し小さいのも見られるんだけどね…

IMG_20150808_201612.jpg
IMG_20150808_203328.jpg
IMG_20150808_203334.jpg
IMG_20150808_203339.jpg

まさしく晩夏の地獄絵図…ムシキング(カブトムシ)達による醜い食糧戦争の図.このポイントだけでも数百ものカブトムシが樹液場を埋め尽くしていた.対してネブトクワガタは良い…ドルクスタイプのその平たい形態を活かして樹皮化に潜り込み,同種の個体との喧嘩も余り行われずおとなしく樹液を吸っている.

終電の時間が迫ってきた為採集終了.

| 採集記 | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>